臨床助手 佐藤 翔太

 私は大分大学を卒業し、東海大学医学部付属病院で初期研修を経て、今年総合内科へ入局しました。私が東海大学を研修先として選んだ理由は、元々神奈川県出身だったということもありますが、出身大学関係なくチームの一員として若手医師が活き活きと働いていた印象が強かったからです。
 元々総合内科志望でしたが、研修医としてローテーションする中で、内科各科も魅力的であり、また臓器専門性を持つべきではないかと迷った時期がありました。しかし当院の総合内科は一般病棟チームだけでなくICUチーム、感染症チームを有しています。ICU管理が必要な超急性期の重症内科患者さんから慢性疾患を有する高齢の患者さんまで、一つの臓器に絞らず、幅広い知識で複合的な病態を有する「1人」の患者さんを治療していきます。もちろん各臓器専門科へコンサルトすることもありますが、全身を診るという総合内科の専門性を目の当たりにし、幼いころから私が抱いていた「医師」というものはこれだと思い入局を決めました。
 現在は知識・経験不足を痛感する日々ですが、総合内科ではどの分野のことでも勉強したことが全て診療へとつながっていきます。幅広い知識・経験を有する上級医の先生方から知識・技術を学びながら、勉強会やレクチャー、抄読会等、充実した学ぶ環境が整っています。
 内科ICUでは敗血症性ショック、多臓器不全で救急外来から上げた患者をエビデンスに基づいたマネジメントにより蘇生、救命し、最終的には歩いて帰宅するのもまれでは無い日々を経験しており、研修に手応えを感じています。
 自分自身が抱いていた医師像を目指す環境として後悔のない選択ができたと実感しています。


臨床助手 阿部 智史

 東海大学医学部を卒業後、済生会川口総合病院(埼玉県)での初期研修を経て、東海大学総合内科の家庭医コースに入りました。
 祖父が往診医をしている姿に憧れて医師を目指したという経緯もあり、最終的には湘南地域で在宅を含めた地域医療を行う家庭医になろうと思っています。そのためには東海大学総合内科が最適であると判断しました。主な理由は2点あります。
 1つ目の理由は、総合内科がICU病床を管理している点です。当科では一般内科外来からICUまで幅広い疾患と重症度を診ることができます。家庭医の内科研修においてICUを経験することができるのは珍しいと思います。家庭医になっても思わぬ急変に遭遇することはあると思いますし、どの程度の状態なら救命できるかといった判断を求められることがあると思います。その際に本物の重症疾患を診た経験が活きるのではないかと考えています。
 もう1つの理由は、東海大学総合内科家庭医コースは亀田ファミリークリニック(千葉県)と連携しており、半年間の研修が設けられている点です。亀田ファミリークリニックは家庭医専門研修施設として有名であり、そこで学んだものを東海大学に持ち帰って実践することが可能です。
 さらに総合内科には感染症専門部門もあり、一般感染症については病歴、身体所見、画像、検査所見とグラム染色から感染臓器と起因菌をつめていく実践的な方法を学ぶことが出来、感染症に強い総合診療医になるのに適した環境と思います。
 2018年度からは新専門医制度が始まり、「総合診療専門医」の制度が開始される予定です。総合診療専門医は基礎領域専門医に新しく加わるものであり、内科専門医や外科専門医と並列です。東海大学総合内科家庭医コースに入って、一緒に総合診療専門医を目指しましょう!

東海大学医学部内科学系
TEL 0463-93-1121(代)
FAX 0463-93-723143
zu@is.icc.u-tokai.ac.jp
〒259-1193
神奈川県伊勢原市下槽屋143