臨床助手 上田 佳孝

 私は本学を卒業した後、県外の市中病院や大学病院の総合診療科で主に勤務しました。総合内科医として特に学ぶ必要性を感じ、皮膚科と放射線診断科でお世話になった時間もあります。将来は地方都市の中核病院で一般内科医として勤務したいと考えており、総合内科を学ぶ出発点として京都府の洛和会丸太町病院総合診療科を選びました。幅広いcommon diseaseを多く経験し、症例を大事に深く掘り下げ考察する環境があり、同院で学んだことは私の大きな糧となりました。
 本年4月より当科に参りましたが、重症患者の集中治療管理や、私がこれまで携わってこなかった特殊な院内感染症症例を豊富に経験できることに魅力を感じ、ICU・感染症チームを有する当科で勉強させて頂くことに決めた次第です。
 本邦では病院総合医や家庭医といった横断的な診療を行う機会の多い医師の育成が海外と比較するとやや遅れており、我が国は類を見ない高齢化社会に突入していく中で、そのような医師の必要性が高まってきていると考えております。私自身がいわゆるジェネラリストを目指すと同時に、やや気が早いかもしれませんが、総合診療医の教育にも将来微力ながら携わっていけたら、という気持ちも抱いております。その観点から、大学病院での総合内科で、多数の医学生への教育が出来ることも、有意義に感じております。
 当科では前述の通り、内科的重症症例や感染症症例を豊富に経験できると共に、広い医療圏を有するため、希少疾患からcommon diseaseまで幅広く経験でき、指導にあたるスタッフも十分に揃っており、後期研修の場として大変魅力ある環境です。興味ある学生・先生方のご見学をお待ちしております。


臨床助手 大島 壮太郎

 私は、大学で建築を学び再受験で旭川医科大学に入学しました。自分の漠然と抱いていた医師像が家庭医であり学生時代から全国の家庭医の先生方とセミナーでお会いし、また、実際に見学させて頂き、より自分が進みたい進路だという思いを強くしておりました。
 卒業後は、沖縄県立中部病院で初期研修を開始いたしました。恩師の先生の言葉に、迷ったときは厳しい道を選べ!との後押しがあり、中部病院では先輩方や同期に支えられ、日々厳しくも充実した研修生活をおくりました。沖縄では、離島での診療を行う島医者を目指しておりましたが、初期研修の終了後は、家族の都合で実家近くの大船中央病院で勤務をいたしました。大船では須藤博先生の元、内科の診療を学ばせて頂きました。大船中央病院勤務では病棟管理と外来を経験させて頂き、患者さんの生活背景、家族との関係が病に対する影響の大きさを実感し、やはり家庭医を学びたいと、今後の専門医制度を考え、家庭医後期研修先を探しました。
 東海大学総合内科家庭医コースを選んだ理由は、亀田ファミリークリニックとの連携で家庭医をしっかり学べる点と、近隣の森の里病院で家庭医の実践を学べる点、大学病院の総合内科では内科治療 感染症の先生の元、専門的に学べる点でした。当初は、大学病院は敷居が高く出身大学でもないので不安がありました。しかし、働き始めると、総合内科の医局の雰囲気はアットホームでそんな心配は無用でした。また他科へのコンサルトの垣根も低く、各専門医がどのように考えるのを学べるのも大学病院でのメリットだと考えます。さらに、米国のホスピタリストを見学実習できるチャンスがある事も知り、自分の今までの枠に捕われないチャレンジができる場でもあると感じました。
 当面の目標は、研修医と共に学び、学生にも教えられるような医師を目指したいと考えています。そしていつか、離島での診療を、と夢を抱いています。

東海大学医学部内科学系
TEL 0463-93-1121(代)
FAX 0463-93-723143
zu@is.icc.u-tokai.ac.jp
〒259-1193
神奈川県伊勢原市下槽屋143