臨床助手 七尾 富久

 私は、東海大学を卒業後、東海大学医学部付属病院で初期研修を経て、総合内科に入局しました。総合内科で内科を1年間ローテートした後に、循環器内科に入局しました。
 私が循環器内科に入局した理由としては、様々な内科疾患を勉強する上で、患者の生命に直結する血行動態の理解をより深めたいと思ったからです。特に最重症の心不全や、致死性不整脈を目の前で管理している先生方をみて、自分もこうなりたいと思いました。
 循環器内科に入局して感じたことは、疾患が多岐にわたっていて、しかもそれぞれが奥深いです。学ぶことがたくさんあり、本当に面白い分野です。当院の循環器内科の特徴としては、とにかく環境が素晴らしいです。若手からベテラン医師まで、本当に対等にディスカッションできる環境があり、もちろんですが、診療に関してはすべてが理論立って行なわれています。先生方は非常に楽しい方々ばかりで、医局内はいつも笑いが絶えません。若手の意見であっても、患者様の為になれば必ずそちらが優先されます。考え方が、非常にフレキシブルで、現代的というか、見学もしくはローテートしにいらしてくださればその魅力は必ずわかって貰えると思います。
 治療に関しても、世界でもトップクラスの先生方が集まっており、その先生方から直接指導をうけられ、非常に高いレベルの教育環境が整っています。場所柄、症例も豊富で、循環器内科を学ぶには最高の環境だと思います。内科を考えている方も考えていない方も是非、一度循環器内科にいらしてください。


臨床助手 土居 祥子

 私は、東海大学を卒業後、東海大学医学部付属病院で初期研修を経て、循環器内科に入局しました。卒後4年目になります。
 医学部に入った頃は、自分が循環器内科に入局するとは、夢にも思いませんでした。初期研修医でのローテート先を決める際、内科的一般知識として循環器内科は回っておかなければという思いで選択したため、どちらかというと心臓や緊急疾患は苦手でした。
 初期研修で回ってみて感じたことは、やはり忙しく、急変が多く、重症患者も多くて大変でしたが、それ以上に命を救える喜びがありました。心臓が止まり心臓マッサージをされながらカテーテル室に入ってきた患者さんが、歩いて帰るところを目の当たりにし、やりがいを感じました。科を選択するときに、中高から部活もやらずに家でのんびり過ごしていた私がやっていけるのかという不安はありましたが、どうせどの科に行っても初めは苦労するのだから、自分の興味ある科にはいって苦労しようと考え、思い切って入局しました。その後はもちろん忙しくて大変な部分もありますが、眠いときが辛いくらいで楽しく仕事をしています。心臓という臓器はとても奥深く難しく興味がつきません。
 循環器疾患はとても幅広く、同じ病気でも患者さん個人により治療法や検査法は様々です。当大学病院はほとんどの検査は院内で行えますし、疾患の種類も豊富です。私のように、初めは苦手意識があっても、実際回ってみて印象ががらりとかわることもあります。学生、研修医の方は、ぜひ一度は見学にきていただきたいです。

東海大学医学部内科学系
TEL 0463-93-1121(代)
FAX 0463-93-723143
zu@is.icc.u-tokai.ac.jp
〒259-1193
神奈川県伊勢原市下槽屋143