臨床助手 大林 昌平

 私は東海大学を卒業後、地元の香川大学で初期研修を経て、東海大学の呼吸器内科に入局しました。
 研修期間中は志望科として呼吸器外科、整形外科、放射線診断科などが挙がりましたが、最終的には呼吸器内科に落ち着きました。理由としては漠然と肺が好きだからというのもありますが、感染症分野にも興味があり深く携われるところも一つの理由です。
 大学病院だと市中病院に比べて肺癌、間質性肺炎など悪性・進行性の疾患が多くなります。私が研修医の時には周りの同期から「呼吸器内科の患者さんは良くならず亡くなる方が多いイメージであまり惹かれない」というのをよく聞きました。確かに上記疾患の末期になると治療から緩和の方向に移行します。呼吸や痛みなどに苦しむ中、麻薬を使って呼吸困難や痛みを取り、家族へのケアも行い…医師と患者・家族との信頼関係を築いた上でいかにして堂々たる人生の最後を創ってあげられるか、そこも呼吸器内科の醍醐味だと私は感じています。
 全国的に呼吸器内科医は不足しており、市中病院では呼吸器内科医は一人か二人であり、または呼吸器内科部署が閉鎖したというのも聞きます。しかしながら東海大学呼吸器内科の良いところとして医局人数が多く、また若手の先生も多数おり活気があるところだと思います。カンファレンスでも年数問わず色々な意見が飛び交いとても勉強になります。 また肺炎、COPD増悪、気管支喘息などのcommon diseaseも大磯病院などで経験することができます。
 賑やかで楽しい医局です。ぜひ私たちと一緒に研修しましょう。


臨床助手 岡田 直樹

 私は東海大学を卒業後、東海大学医学部付属病院で研修を経て、呼吸器内科に入局しました。
 呼吸器内科では感染症や腫瘍、アレルギーなどの様々な分野の疾患を診断、治療することができ、特に腫瘍においては新しい抗がん剤が次々と出てきており、とても面白い分野だと思います。
 また、呼吸器内科で診療する疾患は劇的な改善を見込めない疾患も多いですが、患者さんと向き合い、その人のニーズに合わせて診療しなければならない点も魅力だと思います。
 学ばなくてはならないことも多く大変な時もありますが、医局の雰囲気も良く、疑問に思ったことは気兼ねなく相談することができます。
 専門医制度も変わってきており、自分の将来進む科について迷っている方が多いとは思いますが、興味のある方はぜひ一度呼吸器内科に足を運んでみてください。

東海大学医学部内科学系
TEL 0463-93-1121(代)
FAX 0463-93-723143
zu@is.icc.u-tokai.ac.jp
〒259-1193
神奈川県伊勢原市下槽屋143