臨床助手 小野 容岳

 私は東海大学を卒業後、母校である東海大学医学部付属病院で研修し、そのまま呼吸器内科に入局しました。
 もともと呼吸器内科を志望していたため、呼吸器外科やリウマチ内科、画像診断科など、呼吸器内科医として必要になると思われる専門領域で研修を積みました。呼吸器と関係する様々な領域に触れるたびに、呼吸器というカテゴリーの難しさや面白さを実感し、呼吸器内科学の道に進もうと改めて思いました。
 呼吸器領域の疾患は、ひとたび増悪すれば致命的になるものが多くあります。しかし、そこに医師として立ち向かって行くところにやり甲斐や使命感が生まれるのだと思います。また、大学病院の呼吸器内科ですと、肺癌や間質性肺炎など、治療に平行して緩和ケアを行っていく疾患は多いです。そのため、終末期を過ごされる患者さんとそのご家族に対して、医師として向き合い、最大限のケアをする必要があります。とても重大な仕事ですが、同時に呼吸器内科医の醍醐味でもあると思います。人生を賭して従事するに足る、素晴らしい仕事であるとも思います。
 当院呼吸器内科の特徴としては、重篤な疾患からcommon diseaseまで幅広く経験でき、指導を受けながら気管支鏡検査のスキルアップも目指せる点があります。また、安定して入局者が増えており、日々の診療もカンファレンスも活気があります。
 間違いなく今盛り上がっている医局です。ぜひ一緒に研修しましょう!


臨床助手 大新田 可菜

 病院の庭で桜の枝をひろいました。誤嚥性肺炎の患者さんにお見せしたところ「市役所、市役所」と嬉しそうに繰り返されるので不思議に思っていました。後で分かったことですが、患者さんのご家族は市役所の大きな桜の下で毎年お花見をしているのだそうです。
 研修医時代に様々な患者さんと出会い、医学を勉強する意欲をもらいました。その中で将来どのような医師になりたいか考えたときに、まず思い浮かんだのが呼吸器内科の先生方でした。知的で穏やかで、患者さんやご家族の気持ちに寄り添った医療を行われているところが魅力的でした。呼吸器という領域自体も腫瘍や感染症、アレルギー疾患と幅広く、患者さんの生活に深くかかわっているところに興味をもちました。そんな先生方に少しでも近づきたいと思い、入局を決めました。
 呼吸器内科に入局して間もないですが、まだ右も左もわからず毎日奮闘しています。くじけずに頑張っていられるのは、医局の先生方がやさしく見守り指導してくださっているからだと思います。
 呼吸器内科の女性の先生は結婚している方が多く、男性の先生方も産休や育児に対して理解があると思います。そのほか、進路に悩んでいる方はいつでも相談に乗りますのでお気軽にご連絡ください。

東海大学医学部内科学系
TEL 0463-93-1121(代)
FAX 0463-93-723143
zu@is.icc.u-tokai.ac.jp
〒259-1193
神奈川県伊勢原市下槽屋143