大学院生 今井 仁

 私は、東海大学を卒業後、横浜市民病院で初期臨床研修を経て、消化器内科に入局し4年目になります。現在、大学院生として臨床と研究を両立させながらの日々を送っています。
 消化器内科では、チーム診療体制をとっており、肝チーム・胆膵チーム・消化管チーム(2チーム)の専門別4チームに分かれています。各専門の上級医師が丁寧に教えて頂けるため、消化器内科医として必要な知識や経験がこちらで十分学ぶことが出来ます。
 私は、横浜市民病院で臨床研修医時代を過ごしました。東海大学病院とは異なる雰囲気の地域に密着した病院で、そこでは比較的余裕を持って内視鏡治療の経験を積むことができたように感じています。
 市民病院では、ちょうど、研修医2年目頃から消化器内視鏡を触れるようになりました。内視鏡操作は、その経験値が最も重要です。そういう意味では、東海大学病院ではない場所でのゆったりとした臨床研修は、自分にとって大きなメリットになったと思います。
 私が消化器内科の入局を選択した理由は、対象患者が多く一般診療に役立つ事と、内視鏡治療など内科でありながら外科的要素も多く含む診療を要求される診療科であるため、やりがいを強く感じられると思ったからです。消化器内科の診療は専門性も高く、年々進化していく内視鏡を用いた診断技術は、今後さらに注目されている領域だと実感しています。
 また、私は大学院生として、臨床と研究を平行して行っています。私は炎症性腸疾患についての研究に携わっていますが、本研究は免疫を専門とする他科のドクターと組んで研究をしています。
このように、研究面においても科の枠を越えたドクターと協力し、自分の研究を進めていける環境にあることも、非常に有意義に感じています。


臨床助手 茂木 恵里香

 私は、島根大学を卒業後、東海大学医学部付属病院で初期臨床研修を経て、今年、消化器内科に入局しました。(入局1年目)
 島根大学で医学生時代を過ごしましたが、地元に戻り臨床研修は東海大学病院を選択しました。また、東海大学での研修医時代は内科を中心に周りましたが、その時に触れた内視鏡に面白さを感じ、入局先として消化器内科を選びました。
 内視鏡は開腹手術など、外科的処置を行わずして、消化器内部の詳細な情報を得ることができる所が大きなメリットです。そういう意味では、内科の領域でも非常に専門性が高くやりがいのある診療科であると思います。
 東海大学病院の診療圏は神奈川県西部から静岡県東部までの広いエリアを網羅します。これらの地域の患者さんが、腹痛などの主訴で大学病院に受診されますが、最初は皆、内科を受診されるケースが多く、消化器内科医としての役割は非常に大きいと実感します。
 また、上部消化管・下部消化管内視鏡検査、内視鏡的逆行性胆管膵管造影など、最新の電子内視鏡を使った検査数においては、神奈川県トップクラスです。その症例の豊富さをみても、当診療科に入局し、内視鏡診断技術を身につけるには非常に魅力的です。
 私の出身校、島根大学と比べると、東海大学病院での臨床は、若干、救急性が高い患者さんが搬送されるケースが多いように感じます。よって、その症例数の豊富さなどから、消化管内視鏡技術の知識も経験もしっかり蓄積することができる事がメリットです。又消化器内科は女医さんも多く、女性にとっても働きやすさを感じられる診療科だと思います。

東海大学医学部内科学系
TEL 0463-93-1121(代)
FAX 0463-93-723143
zu@is.icc.u-tokai.ac.jp
〒259-1193
神奈川県伊勢原市下槽屋143