私は、他大学を卒業後、東海大学医学部付属病院で初期臨床研修を経て、2016年に血液腫瘍内科に入りました。
 内科系志望であり初期研修医は内科を中心にローテートしました。私自身、以前から悪性腫瘍の治療に興味を持っていましたが、血液腫瘍内科は内科のみで悪性腫瘍と積極的に向き合える魅力的な科だと感じ、入局を決意しました。
 また、近年、抗体薬,チロシンキナーゼ阻害剤,免疫チェックポイント阻害剤といった分子標的薬の開発が進んだこともあり、劇的に進化する薬剤に対して基礎的な面からも向き合ってみたいと思うようになったことから、現在は大学院生として臨床,研究に向き合う日々を送っています。
 血液腫瘍内科は、治験などの化学療法をメインとしたチーム、移植チーム、研究チームなどに分かれており、自分自身がやりたい事をやらせてもらえる柔軟な環境が揃っています。当科の特徴は、白血病、悪性リンパ腫,多発性骨髄腫といった血液腫瘍の症例が大変豊富です。また、造血幹細胞移植推進拠点病院に認定されており、多くの同種造血幹細胞移植症例を担当できることが挙げられます。学生や研修医時代では分からなかった臨床経験および研究の面白さを実感しています。
 血液腫瘍内科は、特殊な診療科とみられる傾向があるため、初期研修で選択せずに研修を終えてしまうケースも多いと思います。しかし、血液疾患は全身疾患であるため、様々な分野の医師や多職種の医療スタッフと協力し合いながら、診療を行っています。そのため、一人でも多くの医師に当科を研修して頂きたいという気持ちです。
 難治性の疾患に立ち向かうため、決して楽な診療科ではないと思います。しかし専門性の高い重要な科であると思います。興味が少しでもある方は、一度相談しに来てみてください。
臨床助手 白岩 佐和子

 私は東京医科大学を卒業後、海老名総合病院で初期研修を行いました。同院で研修中、東海大学血液腫瘍内科の先生にお世話になったことをきっかけに、2017年に入局いたしました。
 血液腫瘍内科の魅力は、専門性が高く、診断から治療まで一貫して内科医が主治医として診療できる点だと考えています。入局して2か月になりますが、白血病,悪性リンパ腫,多発性骨髄腫,骨髄異形成症候群等の様々な入院患者様を担当しています。また、外来診療では、教授の指導の元、貧血の鑑別や血液腫瘍の診断等を経験しています。日々、大変充実した後期研修であると実感しています。
 当科は、同種造血幹細胞移植チーム、化学療法チーム、研究チーム等に分かれており、自分の興味のある分野に取り組める環境が整っていると思います。
 個人的には、将来は、市中病院で血液内科医として働きたいと考えており、後期研修中は症例の豊富な大学病院でしっかりと知識と技術を身につけていきたいと考えています。
 血液腫瘍内科は、難治性の疾患が多く、化学療法,分子標的薬,移植治療や感染管理,全身管理等の治療選択が複雑であるため、取っつきにくく、難しい診療科であると思われるかもしれません。しかし、専門医は3000人程度と少なく、他科には無い治療技術を持つ血液内科医は、貴重な存在です。内科医を志望し、少しでも血液疾患に興味を持った研修医の方々は、是非一度ローテーションしてみてください。
臨床助手 古谷 大輔

東海大学医学部内科学系
TEL 0463-93-1121(代)
FAX 0463-93-723143
zu@is.icc.u-tokai.ac.jp
〒259-1193
神奈川県伊勢原市下槽屋143