大学院生 祢津 静花

 私は、島根大学を卒業後、東海大学医学部付属病院で初期臨床研修を経て、神経内科に入局し3年目になります。
 医学部卒業後、臨床研修先に東海大学を選んだ理由は、当大学病院では研修医の先生方がとても楽しそうに仕事をしていた事が、とても印象深かったためです。ドクター間の垣根無く、立場の異なる医師同士が自由に意見を言い合う様が、とても自由でとても共感でき、自分もこういう環境で学びを深めたい!と思いました。
 神経内科の分野はとても幅広く、脳血管障害・変性疾患・脳神経に末梢神経・筋肉・感染症に自己免疫疾患などなど、どこから手を付けたらよいか、正直悩んでしまいます。
しかし、様々な症例の患者さんに出会いながらも、日々新しいことを学び、知識と経験を積み上げている充実した毎日です。
 私は、学士編入をしたために大学院生となりました。臨床と研究の両立の日々で、分からないことも多く、なかなか仕事が終わらず悩んだり苦しんだりすることも多くありますが、医局の先輩方の雰囲気はとてもよく、夜遅くまで残っていると、「早く帰りなさいよ。」と声をかけてくれたり、考えるヒントをくださったりと大きな励みになることばかりです。
 神経内科の領域の患者さんは、難治性の高い疾患も多く、最後まで完治せずにお亡くなりになる患者さんと出会うこともあります。しかし、そんな中、「治らなくても、良い時間を過ごせた」という言葉をお聞きするたびに胸が熱くなります。患者さんがいかにご自身の疾患と上手く付き合い、より良い人生が送れるお手伝いができればと思っています。
学生・研修医の皆さんと近い立場で色々と話が出来ればと思っていますので、是非、神経内科の雰囲気を見に周ってきていただければと思います。

 私は、東海大学を卒業後、東海大学医学部付属病院で初期臨床研修を経て、今年、神経内科に入局しました。(入局2年目)
 私は、高校生くらいの頃から、人間の脳の機能に興味を持ち始め、脳の疾患の治療に関わる医師になろうと東海大学で医学を学びました。よって、研修医時代を含め、最初から神経内科に入局することを決めており、入局先を選択する時には、さほど迷うことはありませんでした。
 当大学病院では、脳血管障害・神経免疫疾患・神経感染症・変性疾患・末梢神経障害など、神経内科領域の疾患を幅広く扱っており、臨床では脳梗塞患者に対する血管内のカテーテル検査や治療、疾患の原因検索としての筋電図や経食道心エコーなどを行なったりしています。
 神経内科の患者さんは、その疾患の病態の特性上、それまでのように自由に身体が動かなくなったりすることで、様々な日常生活動作の変更を余儀なくされることが多くあります。そんな患者さんに対し、現在の症状がどこからきているのか、今後症状がどのようになっていくのか、回復・改善に向けてどのような治療があるのかなどを、患者さんの目線で分かりやすく説明し、患者さんが最良の治療の選択ができるようアプローチができる医師になりたいと考えています。
 また、神経内科の患者さんは、急性期も慢性期も両方あるため、自分のペースに合わせて働くことができるため、この辺りも魅力的な診療科だと感じます。

東海大学医学部内科学系
TEL 0463-93-1121(代)
FAX 0463-93-723143
zu@is.icc.u-tokai.ac.jp
〒259-1193
神奈川県伊勢原市下槽屋143