臨床助手 花野 秀行

 私は、東京理科大学でCT画像解析を研究し、卒業後東京工業大学大学院へ進み、ヒトの視覚の生理学・解剖学的経路の研究を進めている中で医学に興味を持ち、東海大学医学部の門を叩きました。
 出身は和歌山県ですが、ここ10年は関東地方に住んでいます。
 医学部入学当初からそれまでの研究分野であったヒトの視覚・脳に関係する分野を究めようと考えており、神経内科入局を決心しました。
 現在入局して未だ1ヶ月ですが、血管内治療に加わったり、rt-PAに加わったり多岐に渡り携わっています。rt-PAで8名前後、緊急カテも8名前後、血管内治療は7件くらい経験し、30〜40名の入院患者さんを診ました。とにかく忙しくて大変ですが、研修としては大変充実した日々を過ごしています。色々なことを吸収して、脳梗塞治療に貢献できるよう頑張りたいです。こうした急性期のカテーテル治療に大変興味があり、将来は神経内科専門医として血管内専門医を取得したいと思っています。
 他大学卒業を経ての入局ですが、東海大学医学部神経内科には同じような経歴を持つ先生も在籍されており、医局はいつもフレンドリーで和気あいあいとしています。

 私は、東海大学を卒業後、東海大学医学部付属病院で初期臨床研修を経て、今年、神経内科に入局しました。
 私は、高校生くらいの頃から、人間の脳の機能に興味を持ち始め、脳の疾患の治療に関わる医師になろうと東海大学で医学を学びました。よって、研修医時代を含め、最初から神経内科に入局することを決めており、入局先を選択する時には、さほど迷うことはありませんでした。
 当大学病院では、脳血管障害・神経免疫疾患・神経感染症・変性疾患・末梢神経障害など、神経内科領域の疾患を幅広く扱っており、臨床では脳梗塞患者に対する血管内のカテーテル検査や治療、疾患の原因検索としての筋電図や経食道心エコーなどを行なったりしています。
 神経内科の患者さんは、その疾患の病態の特性上、それまでのように自由に身体が動かなくなったりすることで、様々な日常生活動作の変更を余儀なくされることが多くあります。そんな患者さんに対し、現在の症状がどこからきているのか、今後症状がどのようになっていくのか、回復・改善に向けてどのような治療があるのかなどを、患者さんの目線で分かりやすく説明し、患者さんが最良の治療の選択ができるようアプローチができる医師になりたいと考えています。
 また、神経内科の患者さんは、急性期も慢性期も両方あるため、自分のペースに合わせて働くことができるため、この辺りも魅力的な診療科だと感じます。

臨床助手 川村玲衣奈

東海大学医学部内科学系
TEL 0463-93-1121(代)
FAX 0463-93-723143
zu@is.icc.u-tokai.ac.jp
〒259-1193
神奈川県伊勢原市下槽屋143