臨床助手2年目 北島 夏見

 私は、東海大学を卒業後、東海大学医学部付属病院で初期臨床研修を経て、昨年、腎内分泌代謝内科に入りました。
 私が腎内分泌代謝内科への入局を決めた理由は、『より幅広い医療を学びたい!』という想いがあったからです。中でも、アンチエイジング領域の医学的アプローチなどにも興味をもっています。予防医学的アプローチを通じて、患者の健康回復・改善、疾患の完治に医師として貢献していきたいと考え、栄養療法や慢性疾患を学べる腎内分泌代謝内科を選びました。
 腎内分泌代謝内科は、腎臓疾患・内分泌疾患・代謝異常などの3つの部門を一つの科にまとめることで、幅広い視野で患者を診る事ができ、人間を総合的にも専門的にも診られる所が大きなメリットです。疾患は、糖尿病・脂質異常症・高血圧症などの生活習慣病から甲状腺などの内分泌疾患、慢性腎臓病・急性腎障害などが中心です。そして、これらのほとんどの疾患は多臓器に影響を与えますので、内科医として豊富な知識を身に付けることができるということは言うまでもありません。また、どの疾患にも欠かせない栄養療法に力を入れているのも魅力のひとつです。
 老いとは、人間の自然な経年変化です。しかし、私は老いに負けるのが嫌いです。老いに負けない予防医学としての治療介入こそが、未来の医療の明るくするのではないかと思います。よって、将来的(中長期的)にはアンチエイジング外来を担当できればいいな、と思っていますし、そのためにも、今は、大学病院で経験と知識を研鑽しています。当科は、非常に研究熱心で、より専門性の高い幅広い学問が学べる科だと思います。


臨床助手2年目 磯崎 雄大

 私は、東海大学を卒業後、東海大学医学部付属病院で初期臨床研修を経て、昨年、腎内分泌代謝内科に入りました。
 大学病院は、どうしても急性期の患者さん対応が中心となりがちです。そんな中、腎内分泌代謝内科は、急性期のみならず、慢性化しやすい病気の患者さんに関わりたいという人にはピッタリの診療科です。
 糖尿病や腎臓病は、痛いなどの訴えが少ない病気ですが、これを放置すると非常に重篤化してしまう病気です。そのため、重篤化させないための医療アプローチが必要であり、自覚症状の無い患者さんの認識を変えていかなければなりません。医療知識だけでなく、人の心を理解するための倫理観、道徳観なども重要な領域で、医師としての難しさを感じますが、とてもやりがいのある診療科と感じています。
 人間のホメオスターシスを安定させるために重要な役割を担うのが内分泌代謝です。そのため、ジェネラリストには合っているのではないでしょうか。
 又、当科では、後期研修を終了すれば、日本内科学認定医資格はもちろんのこと、日本腎臓学会専門医や日本糖尿病学会専門医、日本内分泌学会専門医など、腎内分泌代謝分野での各種専門医の受験資格をおおむね習得できます。今後、より専門性が問われていく時代に、自分の大きな強みになると思います。
 私が様々な科で研修をした中で当科を選択した理由としては、多臓器の事を幅広く学ぶ事が可能で、急性期から慢性期までの長い期間を通じて患者教育や指導に携われるという充実感を感じられる診療科で、そこで働く先輩たちに魅力を感じたからです。
 腎内分泌代謝内科は、新しい事を積極的に取り入れている科でもあります。今、まさに新しい風が吹いています。平日代休制度や更衣室改造など女性医師を意識した対応も行われています。他大学から研修に来る先生もすぐに馴染める環境でもあり、とても将来性のある明るい教室です。

東海大学医学部内科学系
TEL 0463-93-1121(代)
FAX 0463-93-723143
zu@is.icc.u-tokai.ac.jp
〒259-1193
神奈川県伊勢原市下槽屋143